犬の繁殖所の実態福井県


通称パピーミルと呼ばれる、犬猫工場の繁殖業者(ブリーダー)福井県坂井市が、物愛護法違反などの疑いで、福井県警が刑事告発されました。

このニュースはヤフーニュースでも取り上げられ、愛犬家でなくともその異様な光景と、400匹が寿司づめ状態の環境に心を痛めました。

私もその一人です。

今日は、その悪徳業者のニュースが、忘れ去られないよう、願って記事に残しておきます。

福井県警が悪徳ペット繁殖業者を動物愛護法違反の疑いで刑事告発!!

「まるで地獄」不衛生な犬猫工場で大量繁殖、悪質業者でも開設できる「緩い規制」

2018年3月7日(水) に配信されたニュースによりますと、

人気のペット犬など、約400匹の犬猫を過密状態で飼育し、繁殖させていたとして、福井県坂井市の繁殖業者(ブリーダー)が3月1日、動物愛護法違反などの疑いで、福井県警に刑事告発された。

工場で大量生産するように、ペット犬などを繁殖させる繁殖業者は「パピーミル(子犬工場)」と呼ばれている。このパピーミルをめぐっては、母犬の健康面への悪影響などがあるため、専門家から厳しく規制すべきという声があがっている。はたして、どんな規制が必要なのか。(弁護士ドットコムニュース・山下真史)

●「すし詰め状態」よりもひどい「工場」も

このほど刑事告発された福井県坂井市の繁殖業者の「工場」では、約400匹の犬猫が、いくつかの部屋に分けて「すし詰め状態」で飼育されていたという。刑事告発をおこなった公益社団法人「日本動物福祉協会」の調査員は「まるで地獄」とコメントしている(福井新聞)。

動物問題にくわしい細川敦史弁護士は「『パピーミル』の全貌はわかりませんが、福井の現場よりもっとひどい繁殖場はあります」と説明する。あくまで氷山の一角であり、「すし詰め状態」の「地獄」よりもひどい環境で飼育されているところもあるということだ。

●「繁殖業を許可制・免許制で規制すべきだ」

そもそも繁殖業は、ペットショップと同じ「販売業」として、動物愛護法で規制されている。この「販売業」を含む第一種動物取扱業は、いずれも登録制で、条件を満たせば、誰でも営業できてしまう。細川弁護士は「営利のみを追求する悪質な繁殖業者に『動物の福祉』を省みることを期待することはできません」と批判する。

こうした状況の中、環境省は3月5日、動物の適正な飼育管理のために、その基準の明確化・細分化やガイドラインの策定などについて考える検討会をスタートさせた。たとえば、犬猫の繁殖制限措置(5~6回までに制限)などについて話し合う予定だ。はたして、繁殖業者の規制はどうあるべきか。

「『繁殖業』を『販売業』から切り出して、『登録制』よりも厳しい『許可制』『免許制』とすべきです。繁殖業を営むには、相当の専門知識や倫理感を持った有資格者(獣医師など)の関与も必要です。飼養施設や繁殖回数、繁殖年齢などについては、明確かつ具体的な『数値規制』も導入すべきでしょう」(細川弁護士)

●「営業の自由」も無制限には認められない

個人による繁殖行為(素人繁殖)も問題になっている。遺伝性疾患や多頭飼育崩壊につながるおそれもあるため、細川弁護士は「『繁殖行為』そのものにも規制を入れるべきだ」と付け加える。消費者側のモラルについては、「その部分を強調して、法規制をおざなりにしては、この問題はいつまでも解決しません」(細川弁護士)。

また、規制をすると憲法上の問題がある、という意見については「『営業の自由』も無制限に認められず、目的・手段の点で合理的な規制であれば違憲とはなりません。軽々しく憲法を持ち出して規制強化の流れに水を差すことは、不相当と考えます」と指摘した。

出典:弁護士ドットコムニュース編集部

福井県坂井市の繁殖場の動画

福井県坂井市の繁殖場の動画です
 ↓↓↓

狭いゲージに閉じ込められた、400匹にも及ぶ犬たちの光景は、目を覆いたくなりますね。

なぜこのような不幸が繰り返されるのか?

ここまで大規模な繁殖場はまれかもしれませんが、全国には大小様々な繁殖場、通称パピーミルがあって、犬たちが劣悪な環境で繁殖させられています。

今回の摘発は規模が大きい、度重なる指導にも耳を貸さないということで、刑事告発となりましたが、 これは、氷山の一角にすぎません。

なぜこのようなことが起きるかといえば、一口に言えばお金になるからです。

ペットショップで子犬を買う習慣があるのは、実は日本だけなのです。生まれてすぐ母親兄弟から離された子犬は、オークションにかけられ、ペットショップの店頭に並びます。

実は子犬たちの親たちが、このような劣悪な環境で飼育され、繁殖のためだけに生かされ、使い物にならなくなると、物のように捨てられるというのが、この日本の現状なのです。

引き取り屋の仕事

また「繁殖屋」の他にも「引き取り屋」と呼ばれる業者もいて、こちらは使い物にならなくなった犬の処分を請け負う業者です。

少ない金額で請け負った引き取り屋は、犬たちを山に放置したり、殺して処分したりします。

引き取り屋の中にはごく一部ですが、 かわいそうな犬たちを繁殖所から、引き出してきたと言って、募金などを集めてお金に変える集団も、悲しいことに存在します。

消費者ペットショップで子犬を飼う限りこの不幸は続く

私たち犬を飼う側が、このような実態を知らず、ペットショップで安易に子犬を買うため、お金になるのでこのような悪徳ブリーダーが後を絶ちません。

実は、子犬の親の顔知らずに買うのは、このシステムに加担していることになるのです。

私もこういった実態があることを知ったのは、ペットショップでチワワの子犬を迎えたことからでした。
血統証に書かれていた 住所と名前を頼りに、子犬を繁殖させた業者さんを、探したのがきっかけでした。

ここまで酷い繁殖所ではなかったものの、 母犬は人工受精させられ、子犬を5匹産みました。

子犬たちは、幼いうちに市に連れて行かれ、オークションにかけられ、ペットショップの店頭に並べられていたということを知った時、
母犬や兄弟犬から生まれて間もなく、引き離されたことを考えると、うちのチワワが、とてもかわいそうに思いました。

その時、生まれた5匹の犬を 直接ブリーダーから買った人は、7万円だったそうです。市場には一匹5万円で引き取られ、ペットショップで売られていた時は20万円弱でした。

犬たちには何の罪もありません。私はこの小さな犬を、一生大切にしていこうと思いました。

その後ブリーダーから直接買った飼い主さんとも、繋がることができたのですが、繁殖に無理があったのか、
水頭症というチワワに多い病気で、2歳になる前に死んでしまいました。

まとめ☆

私たち消費者が無知で、ペットショップで子犬を買う限り、このような不幸な犬達が減ることはありません。

日本の行政は、 腰が重くなかなか規制しようとしません。

心温かい愛犬家たちが、ボランティアの手弁当でこういった犬を、救おうとしているのです。
私もこうして、ブログに書いていくことで、少しでも誰かの目に止まって、子犬たちがお手伝いをしようと思います。

一人ひとりができることは小さいかもしれませんが、この実態を知って皆が改善に向けて努力すれば、不幸な運命をたどる犬を減らし、暖かい家庭で大切にされる犬が、増えるのではないかと期待しています。



こちらの記事も読んでみてください。
⇒ユーチューブ【動画】犬の繁殖所悪質ブリーダーの実態!